長年住んでいる家も、比較的新しい家も補修が必要な場合があります。
特に水が家の内部に浸透すればダメージを大きく与えるので注意が必要です。
単純に水が入り込んだだけと思いますがその機能自体を低下させる不具合があり、最近では断熱材を壁の内側に付けているものが多いのですが、そこにカビが入ってしまうと断熱の効果が下がるのと、またにおいの原因にもなります。
木材で考えればボロボロになり強度が下がることとシロアリなどが湧きます。
電気配線がショートする恐れもあります。
外から見てすぐに分るような状態なら早急に対策が必要になります。
防水工事の方法として屋根の塗装と壁の塗装、また見落としがちですがベランダの工事も大切です。
屋根は紫外線はもちろん雨風を一番受ける部分なので塗り替えをするときにしっかりと水漏れが無いことを確認します。
壁の塗装時にはひび割れや東西南北でその劣化の仕方が違ったりまた地震や地盤沈下、過度の乾燥などでクラックが入るので補修してからの塗装が良いでしょう。
ベランダは水たまりができていたり下地が見えていたらすぐにでも補修しましょう。
いずれの状態でも安心して頼める会社が小田原にあります。
有限会社RECOで防水工事をして家を美しくそして長持ちさせてください。
http://reco.jp.net/