ソーシャルレンディングは、企業側にとっても、投資家の方にとっても非常にメリットの多いシステムです。
ソーシャルレンディングは、インターネットを介して、資金調達をしたい企業側と、利率の高い投資をしたい投資家の方の要望を繋ぎ合わせるマッチングシステムです。
双方にとってメリットのある仕組みとなっておりますが、まだまだ新しいサービスですので、しっかりと理解した上でチャレンジしなければいけません。

企業の方が、これから初めてチャレンジする際に覚えておいて欲しいのが、そんなに上手い話ではないということです。
しっかりとリスクや不便さを伴ったサービスですので、そういった点もしっかりと理解した上でチャレンジしなければいけません。
例えば、利用する際の借入利率は、どのようなことに使うのかといった使い道や現在の会社の業績、担保の有無によって決まります。

このサービスでは、投資家の方が魅力的に感じなければ融資を受けることができませんので、基本的には投資家が納得するリターンを用意した上で、システムの使用料金など数パーセントの業者に支払う手数料を乗せた金利の設定が必要になります。
大体の基準となる数値は、クラウドアンサー(https://crowd-answer.com/articles/105)などで色々な情報を収集することによって、設定することができます。